サザンオールスターズ
SouthernAllStars

            

江ノ電 於・行合橋Photo by Kuduchan

サザン関係URL

http://www.amuse.co.jp/sas/
応援団HP/フロント頁は見られます

http://www.jvcmusic.co.jp/sas/
ビクターの一般公式サイト/タイシタニュース改め
sas-fan.net NEWSを申し込めます

http://www.sas-fan.net/
SASportal web site
sas-fan.net NEWS発行元

http://www.southernallstars.com/
スゴイURLですが、公式頁ではなく、有志によるファンサイト
タイニュと同じ無料メルマガ「さざまが」を送ってもらえます
未公認ですが、その分フットワークのいいニュースも…

2004.第2弾New Single
7.21(wed)RELEASE !!
全3曲収録予定 ¥1,260(in tax)
オンエア中TOYOTAキャンペーンCM曲収録

他 ”これぞ夏のサザン!”胸躍る新曲

「君こそスターだ / 夢に消えたジュリア」
両A面扱い

茅ヶ崎Cモニュメント
Photo by Kudouchan

Ajaは名曲〜もっと推そう!
キヨハルさんのコメント掲載

リリース時は順調にチャート1位でしたが、
今一ブレークしませんねえ。
私も最初はそれほど感心しなかったのですが、
聴き込むほど良くなってきました。(p_-)

…ポップな春らしい感じの、ちょっと環太平洋もので、
ポコポコスカスカした感じで…
ところどころオブリの音階なんかもアジア的な…
ちょっとペンタトニック的な(桑田佳祐・談)

 ペンタトニック…米国防省的五角形な曲って、どんなんかな?
           と思ったら、五音階のことだそうです
 ダイアトニック…おなじみのドレミ。
          と比べて演歌調などのペンタは作曲がし易いそうで
          専門筋からは蔑まれているようですね。

<カップリング>
書き下ろし・地球ゴージャス「クラウディア」主題歌
FRIEINDS
原坊作 夢見るアニバーサリー (JAL CM)

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

         SASが
         
流石だ真夏ツアー!あっっ!生。だが、SAS!
              〜カーニバル出るバニーか!?〜

画像提供(ていうかパクリ)WOWWOW
10/31放送分

 右側に見える白い建造物のすぐ左ブロックの、
また一つ内側のブロック最前列でした。
7万人中12,486番目くらいに幸せな席。

小机駅から会場へは大群集の割りにスムーズでしたが、アリーナ席へ入るのが結構タイヘンでした。
 競技場ですから、アリーナへ大勢の人数が入るようには設計されていないからでしょう。

退場はマラソンゲートからでしたので、簡単でした。
(ナルホドですね)

左・マンマミーヤ! 
また新しい芸風を開拓したようです。

恒例・マンピーのハゲヅラ「タマちゃん」
行き着く所まで行き着いた…?

MCではいつもより下ネタが少ないようでした。
30日公演の二日前に、前茅ヶ崎市長の添田さんと
映像スタッフの方が34才で白血病のために亡くなり、
ステージ上の全員が喪章を付けてのパフォーマンス。
31日は放送分を観る限り喪章は付けていないですね。

左「みんなのうた」でのクレーン放水。

涙の海で抱かれたいPBに出演している小池栄子嬢。
31日西側2階スタンドに来ていたのですね。
WOWWOW放送日ということで、半分営業かなという感じもしますが、コネだとしても、この席ならマいいか…
そのくらいチケット入手が大変なSASがだ公演でした。
毎度のことながら。
なお、走るとき彼女のオッパイはアフタービートで跳ね上がるんだそうです。

クレンが西側スタンドに近付いて行ったとき、
エイコッ、ヤラセロー! て、叫んでいました。

WOWOWさんお得意のオーバーラップ画像

 そういえば、オヤジダンサーズのブレイク最大の功労者は桑田師匠だったわけです。浜松のときに起用していたんですね。

やっぱりこれがいなくちゃね、モーレツダンサーズ
 リオのカーニバル、Bunnygirl、桑っちょ好み揃い踏み

AAA2003 栄光のDISCO&SOUL

12月3日に行ってまいりましたが、会場内撮影禁止(携帯カメラはいいらしい)だし、WOWWOWは今回
有料放送なので取り込めず、フロント頁・December に掲載のパシフィコ付近画像でお茶を濁します。
BBSには津軽中年乙女さんがノリまくりフィーバー・レポをカキコしてくれましたので、ぜひお読み下さい。

バンドスタッフは、ギター/斉藤誠 小倉博和 キーボード/深町栄 片山敦夫
アンコール二曲目から松田弘も加わり、なんと豪華ツインが三組!
Endless Love で原坊とのデュエットがあり、結局サザンのメンバーが全員登場しました。
年越しライヴが無いので、夏で今年の仕事は終わってしまい、暇なんでしょうか…
なんてこと言っちゃいけません。中高年者は仕事が少なく辛いのです…同じことか?!

健康を心配されている桑田佳祐の少なくも歌唱力は、衰えを知らないこと、確認しました。

(=^・・^=)

As forget As Possible

'03 6/25の日記は真夏の日食のようです
これもナア…

彩〜Aja〜/by 3×3オールスターズ

☆ヾ(≧▽≦)ゞAja〜

第一にライブ映えするか?その次が演奏出来るだろうか?
そして歌いこなせるか?そんな視点で新曲も見てしまいます。

前奏から歌い出し部分の演奏の薄さ、サビの部分のストリングスとブラス中心の演奏、Bメロの歌い廻し(その上サビの歌詞が全部違うときたか)
…等々厄介な曲を出してくれたよ、まったく。。。(^^;)

 ライブでは歌詞がぶっ飛びまくりコーラス陣には多大な迷惑をかけてしまいましたが、6月の演奏曲リストに無いにもかかわらず今でもギターを弾きながらよく口ずさみます。メロディ、歌詞、PVもみんな好きです。

 ありきたりな曲とかワンパターンとか批評されてますがそういう奴らは演歌はみんな同じに聞こえる系のファンならその違いぐらい気付やと一喝入れたくなる連中の駄評です。

 メロディの展開もコードの展開も極力抑えた新たな試み、
 いや新たな挑戦だと思いま
すね。

 ある日雨のまにまに… と始まったら、そぞろ歩き始めた…で今までならコードの展開を変えて少しニュアンスの違うメロディにしていたはず。
 ある日君と訪れたと、日の当たる坂道で も今までなら同じメロディで繰り返すことはなかったはず。

 あえてそういう手法をとったのは作曲家桑田佳祐としての自信の現れだと思いますね。実際 練りに練った、ひねりにひねった曲と何ら遜色ない もしくはそれ以上の名曲ですよね。  
             ……3×3オールスターズVocal キヨハル氏・談
 3X3 ALL STARS 2000年結成
サザンオールスターズのカバーを主にライヴ活動を展開。レパートリーは100曲を越える
  2003年ライヴ本数・14本延べ演奏数・208曲
  2003年Rolandバ
ンドパラダイス全国大会 フジテレビ賞受賞     

                      SAS'BBS ( ..)φ    木暮里Front